画材

特殊な絵具を使用し、より豊かな作品作りをしております。「こうでなくてはならない」そんな固定概念に囚われない新しい発想と発見に感動してもらるよう、表現力の幅を広げ磨いております。

立体造形

みんなそれぞれ頭の中に浮かんでくる、独自の発想を、形にしていく中で、さらにどんどん世界が広がっていきます。最後に出来上がってきた形には、その世界観がしっかりと伝わってきます。面白いもので、時間をかけて制作すればするほど、その作品に世界観が広がっていきます!この世界観を広げていく作業を、ぜひぜひ皆にさせてあげたいと思います。

美術展

小中学生を対象とした県内最大の総合美術展『北国少年少女美術展』。絵画、彫刻、工芸、工作、書の各分野に分かれおり、丹羽俊揮アートスクールでは毎年出品をしています。多数の賞を頂いております。

作品紹介

こちらは『環境を考える子供の絵画展』での作品。
“くじら”をテーマにキャンバスの上で鮮やかに描かれています。

『北国少年少女美術展』での作品。動物の表情や躍動感あふれる動きを表現した立体造形

水彩画の魅力は、水墨画文化の発達した日本において根強いものがあります。透明感のある絵、発色が効いたタッチにも。

油絵の特徴は厚みの表現が可能です。透明感と深みがある。油絵の具は透明度が高く層のように重ねていく表現ができます。

手作業で染めるため、色の出方・染まり方など、同じものはふたつとしてできません。また、その日の天気や気温、湿度などによっても、作品のできが変わります。

PAGE TOP